2019年04月28日

天皇賞(春)

おはようございます。
昨日はリオンリオンが1着に来たものの、本命のアドマイヤスコールは直線失速してしまいましたね…残念!
うーん、消したはずの馬が2着3着とは、すみません。

さあ今日は平成最後の天皇賞です。
私が初めて馬券を買ったレースが平成2年スーパークリークの天皇賞です。その頃はイナリワン、オグリキャップも含めた3強がいて、ワクワクしましたね!

今朝は朝早く起きて天皇賞の検討をしていました。過去6年の勝ち馬はこんな感じです。

2018 レインボーライン…前年の天皇賞3着、菊花賞2着
2016 2017 キタサンブラック…菊花賞1着
2015 ゴールドシップ…阪神大賞典を3勝、菊花賞1着
2013 2014 フェノーメノ…天皇賞(秋)2着、有馬記念5着

やはり距離適性が重要なレースかと思います。特にほとんどの馬が菊花賞1着か2着と、菊花賞とはつながりが深いです。
フェノーメノに関しては、菊花賞路線ではなかったですが、天皇賞、有馬記念と3歳からGⅠを好走していた実績があります。

あと、次のようなデータがあります。
前走1着馬…【3.2.2.12】と3~4割の馬が3着以内に入っています。悪くても前走2着まで、前走3着以降は成績が落ちます。

◎フィエールマン
○エタリオウ
▲クリンチャー

フィエールマンは菊花賞1着。エタリオウは菊花賞2着で、どちらの馬も前走2着と、休み明けとしてはまずまずでした。おまけに鞍上がルメールとデムーロだと印を打つしかないですね。

うーん、人気通りで面白くない予想です。オッズも2倍台です。これは穴馬を見つけねばなりません。

注目していたのはクリンチャーです。この馬は菊花賞2着、昨年の天皇賞は3着でした。前走は7着と負けているので穴で面白いかなと思っていたのですが、蓋を開けてみると4番人気とは!

思ったよりついてないのですが、◎-▲でいきたいと思います。

10-12

1点です。
ラベル:競馬
posted by ブライアン at 06:40| Comment(0) | 競馬予想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする